今の時期に気を付けたい衛生特集

6月だから気をつけたい!パティシエが選ぶ5つの衛生アイテムを紹介

6月だから気をつけたい!パティシエが選ぶ5つの衛生アイテムを紹介


そろそろ夏本番ですね。
岐阜は30度をマークする日が増えてきました。
クーラーと扇風機やサーキュレーターを併用して、室温管理すると電気代節約になるってご存知でした?

食中毒予防も、最近は便利でカワイイアイテムが増えてきて梅雨時のご飯づくりも楽しくできますね(^ワ^)

先日「便利なアイテムはあるけど、実際どれを選んだらいいの?」と、質問を頂きました。ありがとうございます。

今回は、食のプロ パティシエが選ぶ5つの衛生アイテムをご紹介します。

てるてるぼうず てるてるぼうず てるてるぼうず

その1ふきんを選ぶポイントは、乾きやすさ

「あれっ!?ふきんがくさい!!洗ってるのに・・・」
なんてこと、ご家庭でありませんか?

台ふきんや食器用ふきんは、水気を含みやすく乾燥しにくい綿やタオル地のものが一般的。

台ふきんや食器用ふきんには、サルモネラ菌・大腸菌・真菌(カビ)がウヨウヨしているそうです。
そして、菌が好きな場所=繁殖しやすい場所は、水気と室温!
ふきんがピッタリ当てはまっちゃいます。

ふきんを選ぶポイントは、速乾性の高いものを選ぶのがオススメです!
お菓子屋さんの厨房は、卵に牛乳、生クリーム、野菜や果物、お菓子の種類によってはお肉やお魚も使います。

レーヌドムートンで使っているふきんは、5種類。
手洗い用×2、台拭き用、乾拭き用、食器用と用途に分けて使っています。

ペーパータオルと、タオル地、不織布タイプを使っていますが、ご家庭にオススメしたいのは、不織布タイプ。

速乾性に優れ、塩素系の漂白剤を使用しても脱色しにくく、丈夫さが特徴。煮洗いもできます。
台ふきん・食器用ふきんを色別で用意しても、色落ちしにくいのが◎

その2除菌・漂白は泡ブリーチ
酸素系・塩素系、ハイター・ブリーチ、液体タイプ・泡タイプ・・・一口に漂白剤といっても、いろいろな種類が販売されています。
おうち使いでオススメしたいのが、泡タイプで使えるブリーチ。
液体タイプは、キャップではかるとこぼしたり、手についてぬるぬるしたり。。。

泡タイプだと、【ふきんの漂白に○プッシュ】とわかりやすくて使いやすいのでオススメです。

まな板漂白の時も、液体だと流れ落ちてしまうので、ついつい面倒くさい気持ちが起こります。

泡タイプだと、ピンポイントに漂白剤をつけられるので、使いすぎる心配もありません。
詰め替えタイプも販売されているので、お財布にも優しいですね(^ワ^)


その3洗いながら除菌できる食器用洗剤
いろんなメーカーさんから販売されている除菌タイプの食器用洗剤。



その4あると安心 一家に1つ ドーバーパストリーゼ


その5お家にある物で除菌力UP!!


会員情報

いらっしゃいませ、__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

6月だから気をつけたい!パティシエが選ぶ5つの衛生アイテムを紹介



お客様からレビューをいただきました

注文方法について

*営業カレンダー*
  • 今日
  • 発送のご予約がいっぱいです
  • イベント出店。発送できません

お休みは年末年始のみ!
土日祝日も休まず発送します。
お急ぎのご注文もお受けしておりますので、ぜひご相談ください♪
ご質問・ご不明点などありましたらお気軽にご連絡ください♪

私がつくってます♪

こんにちは。レーヌ・ド・ムートン店長の葛島です。
自身の体験を元に、調味料や使用材料からこだわった、やさしい甘さのお菓子をお届けします。
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ