購入理由ランキング
はじめての方へ お店について 材料について よくある質問

今の時期に気を付けたい衛生特集

6月だから気をつけたい!パティシエが選ぶ5つの衛生アイテムを紹介

6月だから気をつけたい!パティシエが選ぶ5つの衛生アイテムを紹介


そろそろ夏本番ですね。
岐阜は30度をマークする日が増えてきました。
クーラーと扇風機やサーキュレーターを併用して、室温管理すると電気代節約になるってご存知でした?

食中毒予防も、最近は便利でカワイイアイテムが増えてきて梅雨時のご飯づくりも楽しくできますね(^ワ^)

先日「便利なアイテムはあるけど、実際どれを選んだらいいの?」と、質問を頂きました。ありがとうございます。

今回は、食のプロ パティシエが選ぶ5つの衛生アイテムをご紹介します。

てるてるぼうず てるてるぼうず てるてるぼうず

その1ふきんを選ぶポイントは、乾きやすさ

「あれっ!?ふきんがくさい!!洗ってるのに・・・」
なんてこと、ご家庭でありませんか?

台ふきんや食器用ふきんは、水気を含みやすく乾燥しにくい綿やタオル地のものが一般的。

台ふきんや食器用ふきんには、サルモネラ菌・大腸菌・真菌(カビ)がウヨウヨしているそうです。
そして、菌が好きな場所=繁殖しやすい場所は、水気と室温!
ふきんがピッタリ当てはまっちゃいます。

ふきんを選ぶポイントは、速乾性の高いものを選ぶのがオススメです!
お菓子屋さんの厨房は、卵に牛乳、生クリーム、野菜や果物、お菓子の種類によってはお肉やお魚も使います。

レーヌドムートンで使っているふきんは、5種類。
手洗い用×2、台拭き用、乾拭き用、食器用と用途に分けて使っています。

ペーパータオルと、タオル地、不織布タイプを使っていますが、ご家庭にオススメしたいのは、不織布タイプ。

速乾性に優れ、塩素系の漂白剤を使用しても脱色しにくく、丈夫さが特徴。煮洗いもできます。
台ふきん・食器用ふきんを色別で用意しても、色落ちしにくいのが◎

その2除菌・漂白は泡ブリーチ
酸素系・塩素系、ハイター・ブリーチ、液体タイプ・泡タイプ・・・一口に漂白剤といっても、いろいろな種類が販売されています。
おうち使いでオススメしたいのが、泡タイプで使えるブリーチ。
液体タイプは、キャップではかるとこぼしたり、手についてぬるぬるしたり。。。

泡タイプだと、【ふきんの漂白に○プッシュ】とわかりやすくて使いやすいのでオススメです。

まな板漂白の時も、液体だと流れ落ちてしまうので、ついつい面倒くさい気持ちが起こります。

泡タイプだと、ピンポイントに漂白剤をつけられるので、使いすぎる心配もありません。
詰め替えタイプも販売されているので、お財布にも優しいですね(^ワ^)


その3洗いながら除菌できる食器用洗剤
いろんなメーカーさんから販売されている除菌タイプの食器用洗剤。



その4あると安心 一家に1つ ドーバーパストリーゼ


その5お家にある物で除菌力UP!!


【4月だから気を付けたい 3つの衛生ポイント】


日差しが温かくなり、過ごしやすくなりましたね。
桜も日に日に花開いて、お花見に行った方も多いのではないでしょうか?
桜を眺めながら、皆でワイワイお弁当を食べるのは日本の春ならでは。

ショップリニューアルに伴い4月からスタートした「4月だから気を付けたい 3つの衛生ポイント」では、この時期だからこそ気を付けたい食中毒予防のお話や、旬の食材の注意情報などをお伝えしていきたいと思います。


無添加,焼き菓子,yakigashi,cookie,organic,gift


4月だから気を付けたい 3つの衛生ポイント

手洗いは2回

その1手洗いは1回20秒を2回


最近の手洗い石鹸は、泡で出てくるタイプのものがありますが、1回に使う量は両手で1プッシュで十分なんですよ(^ワ^)

ちょっと少なく感じるかもしれませんが、泡の量が多いと手が滑って洗いづらいものです。

両手を濡らして、1プッシュ。指の間や、爪回り、掌のシワはしっかり洗いましょう。
1回20~30秒を目安に洗うと効果的です。

しっかり洗い流したら、もう一度1プッシュ。
また手を洗います。

2回も洗うの!?と驚かれますが、手を1回洗った後の手に残っている雑菌やウイルスは数百個残っているといわれています。

2回石鹸で手洗いをした後に調べてみると、手に残っている雑菌やウイルスは10個以下にまで減ります。


洗いすぎは手荒れの原因にもなりますが、

・帰宅後 家
・トイレの後 トイレ
・ご飯を作る前 調理器具


こんな時は、2回手洗いをオススメします。






菌ウイルス菌ウイルス菌ウイルス

その2暖かくなると食中毒になりやすい


日中の気温が20度を超すようになりました。
暖かく過ごしやすくなってきましたが、それは細菌性の食中毒菌も同じことです。

作り置きの常備菜(煮豆、カレーなど)や、家族が遅く帰ってきて夕飯を後で食べるときなどは、帰宅まで常温に置かず、粗熱が取れたらすぐに冷蔵庫へ入れましょう。

実は、冷ましている最中の「熱い~温かいと感じる温度」は食中毒菌が一番繁殖しやすい温度です。

少し手間でも、氷水に当てながら冷ましたり、粗熱が取れたらすぐに冷蔵庫に入れましょう。

食中毒菌は、冷凍しても死んでいません。
菌の活動に適した状態になると、また活動を始めます。

寒くなると爆発的に流行するノロウイルスは、夏でもゼロになりません。
あまりニュースになりませんが、毎月発生しているんですよ。

大切な家族を守るために適切な温度管理と、正しい手洗いで予防しましょう!







菌ウイルス 菌ウイルス 菌ウイルス
その3 つけない、増やさない、やっつける

食中毒予防の3原則は、

1、つけない
2、増やさない
3、やっつける です。

1 手洗いや、まな板や包丁、ボウルなどの調理道具をきれいに洗って清潔にし、つけない

まな板や包丁は、食材を切るごとに洗剤でしっかりと洗うことをオススメします。
また、魚用・肉用・魚用とまな板を使い分けることも有効ですね^^


2 そして、ご飯やお菓子を作ったら、早めに食べたり、スーパーで買ってきた冷蔵庫に入れる食材や、作ったご飯を室内に置きっぱなしにして菌を増やさない


3 鶏肉や豚肉、卵や魚など食材の過熱はしっかり行い、菌をやっつける

加熱しても、やっつけられない食中毒菌もいるので、1番の「つけない」というのが一番大事なポイントになります。



2016年に大きくニュースされたのが、鶏肉の生食です。
お肉フェアで鶏肉・豚肉の生食があり、食べたお客さんが食中毒を発症したというものでした。

新鮮な鶏肉だから大丈夫だよ~と、言われて食べてしまったという人たちがいるかもしれませんが、食中毒に新鮮か否かは関係ありません

菌が付いていれば、繁殖して感染する危険性があります。

特に、鶏肉についている可能性が高いカンピロバクターや腸管出血性大腸菌という菌は、100個ほどで感染してしまいます。

どちらも熱に弱いという特徴を持っているので、お肉はしっかりと火を通して、おいしく食べましょう~(^ワ^)




会員情報

いらっしゃいませ、__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

6月だから気をつけたい!パティシエが選ぶ5つの衛生アイテムを紹介

食品添加物のお役立ち情報の発信を始めました。

体にうれしい、おいしい材料の紹介はじめました

お客様からレビューをいただきました

ポストハーベストってなんだろう?収穫後農薬についてわかりやすくお答えします。

そもそも食品添加物とは何か。わかりやすくお答えします。

注文方法について

*営業カレンダー*
  • 今日
  • 発送のご予約がいっぱいです
  • イベント出店。発送できません


お休みは年末年始のみ!
土日祝日も休まず発送します。
お急ぎのご注文もお受けしておりますので、ぜひご相談ください♪
ご質問・ご不明点などありましたらお気軽にご連絡ください♪

私がつくってます♪

こんにちは。レーヌ・ド・ムートン店長の葛島です。
自身の体験を元に、調味料や使用材料からこだわった、やさしい甘さのお菓子をお届けします。
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ